Olympus Pen EED のフロントのアタリを修正。

目安時間:約 2分

今日は、ちょっとしたネタと言いますか、ツールの話です。
写真の件ですが、フロント部分がアタって内側に曲がってしまっています。

 

この手の個体はジャンク仕入れ時にはわりと多いのですが、カメラ用の適当なツールというのはあまりないのが現状です。このツールは、内側からギリギリと押し広げる道具で、昔ヤフオクで見つけ即買いしました。3000円ほどだったと記憶しています。

 

個人の方が、趣味のような感じで作成されておられたようで、現状一点ものかと思います。

実は、これは反対側も同時に押し広げてしまうので、柔らかい素材の場合は、けっこう両側傷んでしまうことがあります。

 

 

 

 

今回は、なんとか使えたのですが、やはり両側傷つきました。
自分でも作れそうな気も…あ、いやいや、重宝しております。笑

 

これ以外でも、市販のペンチを加工してカメラ用に自分で作ったツールもあります。イメージとしては、ピンセットの先を外側に曲げたようなものです。
おいおいご紹介していきたいと思います!

 

あ、今回の「Olympus Pen EED」ですが、結局、レンズがイマイチなのとシャッターの固着を完全に修復出来ずに断念しました。(一応、固着していたのが動作するようにはなったのですが、正常な動作は、オーバーホールしか方法がないのでやめました。手間と販売価格が見合わないので。)

 

簡単に言いますと、廃棄処分ということです。
そのうちヤフオクでまとめて処分になると思います~。笑

 

 

今日はこの辺で。
では!

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

初めまして、伊藤と申します。当サイトにアクセスいただきありがとうございます。このブログでは、私が取り組みはじめてかれこれ10年になる「ebay中古カメラ輸出」のビジネス手法をお伝えしていきます。

「ebay」での、一つのアカウント評価もこのような感じでかなり増えてきました。最新のアカウント情報は、「メルマガ読者プレゼントページ」内でもご紹介しています。また、詳しいプロフィール内容やこのビジネスとの馴れ初めなどは、上部トップメニュー内からご確認ください。では今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー
アーカイブ
タグ