今、カメラの転売なんて人気あるのかな?

目安時間:約 4分

自分がフィルムカメラの転売(販売)をしている手前、
ちょっと考えてみたのですが、
転売業界でのカメラ人気は、
今どうなんでしょうかね?

 

 

 

転売という響きは、
最近ではチケット転売=悪みたいな風潮もあって
イメージ的に良くないですが、

ビジネスは、ものを扱う場合はどんな場合も基本的には転売ですから、

ま、それほど気にする必要もないのかなと思います。

 

 

 

さて、カメラです。

特にフィルム機。

 

 

 

ヤフオクとかで、たまに仕入れするときも
相変わらずフィルム機でも、人気商品はすぐに売れますし、
価格にしても、まぁ、だいたい相場に落ち着いているようには見えます。

 

 

 

ま、それは置いときましてw。

 

 

 

世間一般的には、商材としてのカメラは
難しい。
面倒くさそう。
という感じなんでしょうかね。

 

 

 

私は、自分が小学生時代にオリンパスPEN
(ハーフサイズフィルムカメラ)が、
家にあった記憶があリます。
最後に使ったのは、「写ルンです」でしたね。

 

 

 

デジタルカメラが普及しだしたのは、
ちょっと調べたところ、2000年頃からです。
だから、現在まででまだ20年足らずなんですね。

 

 

 

ということは、今の30後半~40代の方は、
かろうじてカメラのフィルム機は、
ギリギリ触ったことがある世代かなと思います。

 

 

 

構造は、シャッターがあってフィルムがあるだけです。
シャッタースピードが変わるもの、

絞りがAUTOなものとかはありますが、
まぁ、言っても単純な機構ですよね。

 

 

 

わたし的には今さら、フィルム機ということはありませんが、
フィルムで写した写真の味、とか
現像するまでどんな風に写っているかわからない
ワクワク感みたいなものは、わかる気はします。

また、モノクロの味もありますよね。

(いまは、デジタルでももちろんできますが。)

 

 

 

また、本体はデジカメでレンズだけ

古いレンズで撮影する趣味を持つ方も
国内外問わず、結構いますね。

 

 

 

ということで、商材としてフィルムカメラ・レンズは、

すっかり落ち着いた感がありますが、私の感覚では一定の需要は

相変わらずで、すたれることもほぼないと思っています。

ビジネスを安定させるには、便利なアイテムだと思います。

 

 

 

自分が売ろうとするカメラorレンズは、
たった1人の方に売れればよいわけで、
それを全世界向けで置いておくだけで、
簡単に売れてしまうものなのです。

 

 

 

世界には、カメラに関してだけでも
いろんなコレクターがいるので、
ぜひ取り扱ってみることをおすすめします。

 

 

 

なんか、とりとめのない話に

なってしまいましたが、中古フィルムカメラはいい商材ですよ!

という話でした。

 

 

 

では!

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

初めまして、管理人のタツヤと申します。当サイトにアクセスいただきありがとうございます。このブログでは、私が取り組みはじめてかれこれ10年になる「ebay中古カメラ輸出」と情報発信(コンテンツ関連)等のビジネス手法をお伝えしていきます。簡単、安定、ラクチンなひとりビジネスがコンセプトです。もちろん副業も可能です。

「ebay」での、一つのアカウント評価もこのような感じでかなり増えてきました。最新のアカウント情報は、「メルマガ読者プレゼントページ」内でもご紹介しています。また、詳しいプロフィール内容やこのビジネスとの馴れ初めなどは、上部トップメニュー内からご確認ください。では今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー
アーカイブ
タグ