Minoltaflex II (ミノルタフレックス) 二眼カメラです。

この記事は1分で読めます

本日メンテしたのはこれ!
Minoltaflex II (ミノルタフレックス) 二眼カメラです。

装着レンズは、ロッコールレンズで当時としては
高級品だったようです。

最初、カメラをいじりだした当時、
この手の二眼カメラは、なかなか敷居が高い感じがしていました。

カメラの構造自体は、
のちのフィルム機の一眼レフに比べると
より原始的な構造ですよね。

なんかこう難しそうな感じがするのは
なぜなんでしょうかね?

たぶんですが、こう上から覗き込む感じが
プロっぽく感じるんですかね。

このカメラは、上からのぞくと
左右が逆になるんですが、
そのあたりも慣れないと扱いにくいです。

さて、今日の症状は、

1.外装皮革がパリパリ。
2.シャッター羽動かず。
3.レンズクモリ。

シャッター羽は、内部シャッターは
動いているようなので、羽の固着をベンジンで解消させます。
前レンズ取れなかったので、後ろレンズを外して羽を触ります。

2~3滴の落として、つまようじの先でグリグリ
すると解消しました。

あとは、レンズの清掃ですが、
クモリは完全にはとれませんでした。

フィルムカウンターは、
巻き上げリングの真ん中を押しながら
金属フックを押し下げると、リセットされます。

テスト用フィルムを入れて確認したところ
問題ありませんでした。

ビンテージ品なんで、
そこそこきれいになったので
そのまま販売です。

50ドル前後でしょうかね~(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

はじめまして。伊藤と申します。このブログでは、私が実践しているさまざまな「一人ビジネス」をお伝えしています。現在のメインである「ebay」での輸出入物販も早いもので9年目に突入しました。当サイトでは、試行錯誤の末に行きついた、独自のひねったビジネスモデルをお伝えしています。ここにたどりつくまでに、さまざまな一人ビジネスを経験していますので、あなたの気になるお話も多分できると思いますよ~。(笑)実は、中古カメラの他にも海外スーパーブランドせどりなんかも得意です♪「ゆる~い」感じでお付き合いいただけたらと思います。あなたが今後、単発ではなく継続的に稼ぎ続けられる方法(物販、ネット自動化&仕組み化)をメールコミュニティ内でガンガンお伝えしていきますね。スマホ経由でお越しの方は、ぜひ上部(または、最下部)メニュー内の「プロフィール」をご覧ください。このサイト作成の趣旨なども詳しくご紹介しています。「半隠居ライフ」コミュニティメルマガには必ずご登録くださいね。(無料プレゼントをお渡ししています♪)「しがらみ」にとらわれずに、自らが決定権を持つ一人商店を構築してみませんか~?

《評価も既に2000超えです。(2018/10現在)(^^)/》

最近のコメント

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
    にほんブログ村

    《ebay輸出でも必須です!》
    ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン