Olympus Pen S クレームのはなし。

この記事は2分で読めます

昨日なんですが、「Olympus Pen S」を以前購入いただいたかたから、
メッセージをいただきました。

ebayでは、右上のベルのマークのところ、
ブラウザの「x」マークの近くに「ベル」のマークが
あるのですが、そこには

「売れた商品のポップアップ」

または、

「メッセージ(ebayメッセージ以外)」

が表示されます。

売れていたらうれしいのですが、
メッセージの場合(私の場合)は、基本「悪い知らせ」か「同梱の問い合わせ」です。笑

で、

来ました。
これです。

 

私のこれ以降の対処法は、典型的な感じなんで、
こんな感じで返せばいいんだな、、、
と感じていただければいいかなと思います。

 

返事した内容は、

これです。

まぁ、最初から返金とか

返品とかをにおわすような返信はしないことですね。

あと、ヘタに相手を疑うような返信も避けた方が無難です。

評価に影響しますので。

とくに、評価数が少ないうちは、評価をお金で「買う」くらいの

覚悟が必要かもしれません。

 

…その後、この方は「明日修理業者に見せに行く」と連絡してきました。

そして、費用がわかれば連絡するみたいなことを連絡してきました。

 

結局、$30ほどかかるんだけど「どうする?返品する?」みたいなことを

言ってきました。こちら。

 

 

商品価格は、送料含めて$70ドルほどです。

実際に、リターン処理になると、「リストページの説明が違う。」と物言いをつけられた場合、

返品送料&全額返金になるパターンがほとんどです。理不尽ですよね。笑

こうなると当方の被害も結構大きくなります。

安い商品でこれですから、高額商品(若しくは送料がかかる商品)の場合、

被害は甚大になります。

 

また、この$30というのも、微妙な金額で「おまえ、確信犯か?」と

疑いたくなることもしばしば。

でもまぁ、疑いだしたらきりがないのと、今回は$30返金しても、

もともとの発送送料で、多少利益を出していたのと、商品本体価格でも「マイナス」

にはなっていないので、良しとしました。

 

 

そして、帰ってきたのがこちら。

 

リップサービスしてますよね。あと、スペルもかなりグチャグチャです。笑

まぁ、疑えばきりがありませんし。

価格の安い商品で、モメて「ネガティブフィードバック」食らうと

あとあと、処理が面倒(変更依頼とか)なんですよ。

 

あ、そうそう。

クレームが来たときは、一回目の返事だけは素早く行った方がいいです。

今回のバイヤーは、メッセージで最初に連絡してきたのでまだましな方です。

いきなり、リターン処理やオープンケース、挙句の果てには

ペイパルのみで返金処理をいきなりしてくるなど、厄介な人も多いので注意が必要です。

(ebayからませないテクニック。)

 

 

ここまで、すべてのメッセージのやりとりをご覧いただきました。

こういうのは、もうさっさと終わらせるのがいちばんです。

もちろん、日本人セラーが舐められているのかもしれませんが、

相手の言い分も本当かもしれませんしね。

中古品を扱っている関係上、また、自分で修理したりもしているので、

保管・発送中の時間で、状態が悪くなることも可能性としてはあるので、

ある程度は受け入れるようにしています。

 

いかがでしょうか?

面倒ですよね?笑

 

例えば、国内のヤフオクなんかでは、NCNR(ノークレームノーリターン)としておくと

あまりクレームもありませんが、外国人相手だと

「えっ?細かいな~」と思うことはしばしばあります。

 

しょうがないですね。

国民性の違いかも。

 

ということで、直近のクレーム処理でした。

ご参考にしてくださいね~。

 

※尚、当方の英語は中学生レベルです。(爆)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

はじめまして。伊藤と申します。このブログでは、私が実践しているさまざまな「一人ビジネス」をお伝えしています。現在のメインである「ebay」での輸出入物販も早いもので9年目に突入しました。当サイトでは、試行錯誤の末に行きついた、独自のひねったビジネスモデルをお伝えしています。ここにたどりつくまでに、さまざまな一人ビジネスを経験していますので、あなたの気になるお話も多分できると思いますよ~。(笑)実は、中古カメラの他にも海外スーパーブランドせどりなんかも得意です♪「ゆる~い」感じでお付き合いいただけたらと思います。あなたが今後、単発ではなく継続的に稼ぎ続けられる方法(物販、ネット自動化&仕組み化)をメールコミュニティ内でガンガンお伝えしていきますね。スマホ経由でお越しの方は、ぜひ上部(または、最下部)メニュー内の「プロフィール」をご覧ください。このサイト作成の趣旨なども詳しくご紹介しています。「半隠居ライフ」コミュニティメルマガには必ずご登録くださいね。(無料プレゼントをお渡ししています♪)「しがらみ」にとらわれずに、自らが決定権を持つ一人商店を構築してみませんか~?

《評価も既に2000超えです。(2018/10現在)(^^)/》

最近のコメント

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
    にほんブログ村

    《ebay輸出でも必須です!》
    ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン